成瀬 開幕へ4回零封 アジャ、吉田ら新戦力で2点先制

[ 2014年3月7日 14:37 ]

<神・ロ>2回2死、ロッテ・井上が中前打を放つ

オープン戦 ロッテ―阪神

(3月7日 甲子園)
 ロッテ先発は開幕投手指名されている成瀬。前日6日、甲子園球場で調整を行い「勝負するところはしっかり勝負して球数を少なくすることが大事」とテーマを掲げていたが、初回、2回は三者凡退に切って取る上々の立ち上がりを見せた。

 2回、2死からドラフト5位“アジャ”井上(日本生命)がチーム初安打。続く新助っ人ハフマン四球の後、同2位・吉田(立正大)が三塁線を破る二塁打。新戦力の活躍で2点を先制した。

 成瀬は3回、2安打を許し1死一、二塁とするが、西岡を左飛、大和を右直に打ち取り無失点。4回を投げ、3安打2奪三振無失点と万全の投球だった。

 打線も快調。5回には根元の左越え二塁打などで4点追加。リードを広げた。その後、2点を失ったが、危なげなく勝利。オープン戦成績は2勝3敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース