賢介強振も不運無安打「与えられた状況で結果残したい」

[ 2014年3月7日 05:30 ]

ロッキーズ戦の7回、四球で出塁後、次打者の安打で三塁へ向かうレンジャーズとマイナー契約の田中賢

オープン戦 レンジャーズ2―8ロッキーズ

(3月5日 サプライズ)
 レンジャーズの招待選手の田中は6番・DHで出場し、3打数無安打1四球。2回の第1打席は強烈な打球を放ったが、一塁手の正面を突く不運もあった。

 内野陣の競争は激しく、3日にウエーバーでアスレチックスから獲得したパリーノが、二塁で途中出場して好守に1安打とアピール。田中は「与えられた状況の中で結果を残していきたい。最後に決めるのは監督だと思うので、僕はただやるだけ」と厳しさを増す競争にも前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース