新日鉄住金かずさマジック 大卒2年目の中根が好投

[ 2013年11月3日 06:00 ]

社会人野球日本選手権 新日鉄住金かずさマジック3―2バイタルネット

(11月2日 京セラ)
 新日鉄住金かずさマジックで愛知学院大出身の2年目右腕・中根が、7回5安打2失点と好投。カーブを低めに集め、相手打線に的を絞らせなかった。

 だが7回に2失点したため「内野ゴロを打たせるのが自分の持ち味。(7回は)できなかった」と反省ばかりを口にした。昨年9月に右肩を手術し、今年の2月からブルペン投球を再開。今季この試合まで5回を投げたのが最長だった。鈴木秀範監督は「良くなってきた。通用すると思った」と目を細めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月3日のニュース