タイムリー後逸も落球も帳消し ロペス同点2ラン

[ 2013年11月3日 06:00 ]

<楽・巨>5回表1死二塁、ロペスは左中間に同点の2点本塁打を放つ

日本シリーズ 巨人4-2楽天

(11月2日 Kスタ宮城)
 エース撃破の号砲だ。0―2の5回1死二塁。巨人のロペスは田中の伝家の宝刀、141キロスプリットを捉え、打球は左翼席最前列に吸い込まれた。打線に火を付ける同点弾に「きょうはエラーをしていたし、絶対に打つという強い気持ちでスイングしたよ」と胸を張った。

 汚名返上の一撃だった。1点を先制された直後の2回2死二、三塁で聖沢のゴロを後逸し、2点目を献上。3回にはジョーンズのファウルゾーンへの飛球を落球した。それでも「野球は9イニングやるもの。序盤のミスを引きずらずに得点を奪えるようにプレーした」とバットで帳消しにした。この一発で打線は勢いを取り戻し、高橋由の勝ち越し打につながった。

 第2戦では田中相手に4打数無安打。「前回、田中投手に抑えられて悔しかった」。3―2の6回1死二、三塁でも三ゴロを放ち、三塁走者の村田が生還してダメ押し。4打数2安打3打点の活躍に、原監督は「良いところで彼らしいバッティングをしてくれた。非常に良いムードにしてくれた」と賛辞を贈った。チームを救った助っ人は「きょうは勝利を味わって、またあすの準備をしたい」と頂点を見据えた。 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月3日のニュース