早大・有原 最優秀防御率賞も悔やむ法大戦黒星

[ 2013年11月3日 19:10 ]

東京六大学野球秋季リーグ 早大9―2慶大

(11月3日 神宮)
 最優秀防御率賞を受賞した早大の有原は故障でリーグ序盤は出遅れたものの、150キロを超す直球を武器に安定した投球を披露した。「コントロールが良かった。テンポよく打たせる投球ができた」と成長を感じていた。

 一方で「(敗戦投手となった)法大3回戦に勝っていればチームの順位も変わっていた」と3位に終わった悔しさも残る。「4年になったら春、秋と優勝する強い気持ちでやりたい」と決意を口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月3日のニュース