Kスタ外周でPV「あ~っ」1万人がため息

[ 2013年11月3日 06:00 ]

<楽・巨>球場横では多くの観客がパブリックビューイングで試合を観戦

日本シリーズ 楽天2-4巨人

(11月2日 Kスタ宮城)
 Kスタ宮城のスタジアム外周ではパブリックビューイングが行われ、スタンドに入れなかった1万人以上のファンがモニターに向かって声援を送った。

 広場には大きなスクリーンが用意されたほか、球場周囲にも複数箇所モニターが置かれた。いずれも人垣であふれ、安全確保のために5回終了後には入場制限が敷かれた。東北初の日本一の瞬間に向け、会場のいたるところで「勝つぞ、勝つぞ、イーグルス」の大合唱となった。しかし、思いは届かず、最後の打者が打ち取られると「あ~っ」とため息。しばらく静まりかえった後、どこからともなく「明日は勝つぞ、イーグルス」の大歓声が起こった。1日午後11時すぎに一番乗りで場所取りした宮城県塩釜市の会社員、佐藤清和さん(43)は「悔しいけど、明日は勝てる」と言い聞かせるように話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月3日のニュース