吉村「生き残りたい」三塁奪取へ名乗り

[ 2013年11月3日 06:00 ]

シートノックで三塁の守備に着く吉村(右は松田)

 ソフトバンクの吉村が三塁奪取に名乗りを上げた。この日から始まったシートノックでは三塁手用のグラブを選択。「(サードを)やれるかどうか試されているなら生き残りたい」と意欲的だ。

 午後には鳥越内野守備走塁コーチの指導の下、特守を志願。鳥越コーチも「肩は強いし、スローイングはいい。サードはマッチ(松田)で安泰じゃない」と話す。松田は今季144試合フルイニング出場だが、かませ犬になるつもりはない。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月3日のニュース