北照・富田 走者一掃恩返し打 大阪出身、親の反対押し切り入学

[ 2013年3月30日 06:00 ]

<北照・尚志館>初回1死満塁、北照・富田が走者一掃の先制適時三塁打を放ち二塁を回る

第85回センバツ高校野球大会8日目3回戦 北照6―3尚志館

(3月29日 甲子園)
 直球で押す投球が持ち味の尚志館・吉国に対し、北照(北海道)の河上敬也監督の指示は「右打者は(威力のある)内角の直球に手を出さない」。

 5番の富田が忠実に体現した。初回1死満塁。2球目の内角球を見逃し、外寄りの甘い直球を振り抜き、走者一掃の左中間三塁打を放った。大阪出身。10年のセンバツを見て北照で野球がしたいと思い、両親の反対を押し切って北の大地へ。その3年前以来の8強進出。スタンド観戦した両親に富田は「わがままを聞いてくれた。恩返しができた」と喜んだ。

 ≪北海道勢&埼玉県勢が通算40勝≫北照が尚志館(鹿児島)を下し、今大会2勝目。北海道勢はセンバツ通算40勝となった。また、第2試合で浦和学院が山形中央を破り、埼玉県勢も通算40勝に到達した。春の最多勝利は大阪の181勝(29日現在)。

 ▼北照・大串(3失点完投で11奪三振)チームはベスト4がないので歴史を塗り替えたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月30日のニュース