張本氏 二刀流は反対も大谷を絶賛「大変な偉業、大あっぱれですよ」 

[ 2013年3月30日 06:00 ]

<西・日>プロ初安打のボールを手にファンの声援に応える日本ハム・大谷

セ・リーグ 日本ハム5―3西武

(3月29日 西武D)
 日本ハムOBの張本勲氏は、開幕戦でプロ初安打、初打点を記録した大谷に「大あっぱれ!!」だ。「本当は二刀流は反対だが…」としながら、「この厚かましい私でさえ、開幕戦は3球三振。大変な偉業、大あっぱれですよ」と興奮気味に称賛した。

 張本氏は浪華商(現・大体大浪商)から東映入団1年目の1959年(昭34)4月10日、阪急との開幕戦(駒沢)に「6番・左翼」で先発出場。しかし2回の第1打席は、通算350勝右腕・米田に3球三振を喫した。続く3回の守備で打球の目測を誤り捕球できず、そのまま交代させられた。

 「その夜は悔しさと不安で…。うとうとしては起き出してバットを振り、またうとうとして…。当然2軍行きだと思っていた」。しかし翌11日、再びスタメンでチャンスを与えられ、2ランを含む2安打を放った。

 「大谷君の唯一の欠点は、右足を踏み出す時のステップ幅がやや広いこと。膝に余裕がなくなり、変化球などに対応しづらい」と張本氏。それでも「非常に楽しみだ」と話し、「二刀流で中途半端で終わらないか、体が壊れないか。それだけが心配」と気遣った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月30日のニュース