山形中央 完敗も東北絆枠に感謝「夏に恩返ししたい」

[ 2013年3月30日 06:00 ]

<山形中央・浦和学院>山形中央・高橋凌の帽子のつばには「絆」の文字が書かれていた

第85回センバツ高校野球大会8日目3回戦 山形中央1―11浦和学院

(3月29日 甲子園)
 山形中央は5回まで1―2の接戦を演じたものの、6回からの3イニングで9失点。

 6回に高田に一発を浴びるなどして降板した先発の高橋凌は「しっかり負けを受け入れて夏に生かせれば」と唇をかんだ。今大会限定の「東北絆枠」での出場。27日の初戦では甲子園初勝利を挙げた庄司秀幸監督は「僕たちだけの戦いじゃなかった。強いチームにして夏に恩返ししたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月30日のニュース