岩隈 血マメ降板も手応えの3失点「200イニングを目標に」

[ 2013年3月30日 06:00 ]

<カブス・マリナーズ>3回、血マメができた指先を見るマリナーズ・岩隈

オープン戦 マリナーズ6―4カブス

(3月28日 メサ)
 マリナーズの岩隈は4回を投げ、5安打3失点。3回途中に指先に血マメができたため、予定の80球に届かない55球で終えたが「大事を取って降板しました。毎年できるのでしっかりケアすれば問題ないです」と話した。

 3回にソリアーノに2ランを浴びたが「最後のイニングはしっかり腕を振って、狙ったところに投げられた」と手応え。昨季は中継ぎスタートからはい上がり、今季の先発2番手を射止めた右腕は「1年間ケガなく200イニングを目標にやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月30日のニュース