大阪桐蔭・葛川「抑えれば逆転してくれる」救援で好投も

[ 2013年3月30日 18:16 ]

9回裏2死一、二塁、大阪桐蔭は福森の中前打で本塁を突いた二塁走者峯本(左)だったが神山への守備妨害をとられて試合終了

第85回選抜高校野球3回戦 県岐阜商4―5大阪桐蔭

(3月29日 甲子園)
 5回から救援した大阪桐蔭の葛川は「自分が抑えれば、きっと逆転してくれる」と力投を続けたが、その願いは届かなかった。

 1月に右足小指を骨折し、投球練習を再開できたのは大会が始まる約2週間前。調整は遅れたが、5回を0点に抑えた。「チームに迷惑をかけた分、甲子園で恩返しがしたかった」と話したエースは夏に向けて気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月30日のニュース