高木監督 ブランコにやられた「甘いボールを投げればそりゃ打たれる」

[ 2013年3月30日 06:00 ]

<中・D>ブランコ一人にやられ、渋い表情の中日・高木監督

セ・リーグ 中日3―4DeNA

(3月29日 ナゴヤD)
 一番やられたくない相手にやられた。中日はブランコに先制と決勝の2本の適時打を許しての競り負け。高木監督は「打ち取った時の姿を見れば、打ち取れると思うけど、甘いボールを投げればそりゃ打たれる。現実に外国人3人に打たれているんやからね」と苦虫をかみつぶした。

 オープン戦は最下位に沈んだ。自宅から赤飯一升を持参した指揮官は「まず1勝やから」と気持ちも新たに臨んだが、エース吉見でまさかの黒星発進。山井、田島のセットアッパー陣も打たれ「そりゃ大きいわ。勝てる展開で進んでいたからね。とにかく早く1つ勝たないと」と71歳の指揮官は本音をこぼした。就任2年目は前途多難な船出となった。

 ▼中日・吉見(7回6安打1失点も勝ち星が消える)最低限の仕事はできた。交代はチームの方針です。次、頑張ります。

 ▼中日・田島(8回無死一、二塁から救援も自らの失策で追いつかれ、ブランコに決勝打を浴びる)インコースを攻めきれなかった。吉見さんの勝ちを消して申し訳ない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月30日のニュース