広島零敗でヤクルトのCS進出&3位確定

[ 2012年9月29日 20:38 ]

7回、1死満塁のチャンスで三振に倒れ、天を仰ぐ広島の代打広瀬

セ・リーグ 広島0―2阪神

(9月29日 甲子園)
 クライマックスシリーズ(CS)進出へ、わずかながらも可能性を残していた広島は29日、阪神戦で零敗。CSクリンチナンバーを1としていたヤクルトのCS進出が決まった。

 CS進出が事実上消滅していても意地を見せたかった広島だが、エース・前田健が鳥谷に本塁打を浴びるなど6回2失点と踏ん張れず。打線も7回に3連打で1死満塁の好機を作りながら、後続が連続三振に倒れて万事休す。能見に完封負けを喫し、球団初のCS進出の夢は絶たれた。

 広島が敗れたことで、1位・巨人、2位・中日に続き、ヤクルトの3位も確定した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月29日のニュース