大隣「情けない」 5回もたず5失点降板

[ 2012年9月29日 20:51 ]

3回、楽天打線につかまり、さえない表情のソフトバンク・大隣。捕手細川

パ・リーグ ソフトバンク4―8楽天

(9月29日 ヤフーD)
 ソフトバンクの大隣は味方の援護にもかかわらず、5回もたずに5失点で降板となった。「情けない。点を取ってもらっているのだから、しっかりしないといけない。申し訳ない気持ち」と反省の言葉を並べた。

 球が高めに浮く場面が目立ち、球数も84球と多かった。8月24日のロッテ戦での12勝目を最後に、これで5試合勝ち星から遠ざかっている。「あと1試合、万全な状態で臨みたい」と雪辱を期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月29日のニュース