渡辺監督 早めの継投策も裏目「完璧に負けた」

[ 2012年9月29日 06:00 ]

<日・西>腕を組んで試合を見守る西武・渡辺監督(左から3人目)

パ・リーグ 西武0-5日本ハム

(9月28日 札幌D)
 逆転優勝が遠のく1敗。日本ハムとのゲーム差が3に広がった西武・渡辺監督は悔しさを押し殺しながら「完璧に負けたから、切り替えもできる。数字的にチャンスがある限り全力を尽くさなければいけない」と前を向いた。

 投手陣は中田1人にやられた。10連戦の真っただ中。3戦連続で先発を5回未満で降板させ早めの継投策に出たが、裏目に出た。0―2の5回2死一、三塁から中田を迎えて十亀にスイッチ。今季4打数無安打1四球と相性の良さを買ったが、痛恨の3ランを被弾。勝負を決定づける一打を許した新人右腕は「悔いが残る」と肩を落とした。

 打線も吉川の前に2安打と沈黙。試合前にはヘルマンがユニホームを忘れるなど、大一番で集中力を欠いた。残り8試合。わずかな可能性をつなぐためにも、29日の最後の直接対決は勝つしかない。「あすはやり返す」。指揮官の声に、力はこもっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月29日のニュース