PR:

マエケン、投手3冠は厳しく「大事なところで勝てずに悔しい」

2回、マウンドの前田健(18)のもとに集まる広島ナイン

セ・リーグ 広島0―2阪神

(9月29日 甲子園)
 腰の張りで途中降板した21日以来の先発となった広島の前田健は本調子には遠かった。チームは15年連続でAクラスを逃し、エースは「大事なところで勝てずに悔しい」と責任を背負った。

 投手3冠も厳しくなった。防御率は1・55で確定的だが、勝ち星は14勝でトップの内海に1差のままで、この日5個だった奪三振もトップの杉内(ともに巨人)に7差。二回に右内転筋の違和感の治療でベンチに下がる一幕もあった右腕は「大丈夫。ラスト1回、いい投球で勝って終わりたい」と今季最後の登板に闘志を燃やした。

[ 2012年9月29日 22:39 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月20日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム