王会長、秋山監督の試合視察も「ノーコメント」

[ 2012年9月29日 21:18 ]

 プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長は29日、来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む日本代表監督の最有力候補となっているソフトバンクの秋山幸二監督が指揮を執った楽天戦(ヤフードーム)を視察した。王会長は秋山監督と会談したかどうかも含め、「ノーコメント。僕がしゃべると迷惑を掛けることが多い」と述べるにとどまった。

 監督選考は加藤良三コミッショナーに一任され、王会長と相談して進められてきた。秋山監督は一貫して就任を固辞する意向を示しており、この日も「(その話題は)もういいだろ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月29日のニュース