青木 サヨナラ負けも「最後までジタバタ悪あがきしたい」

[ 2012年9月29日 06:00 ]

<レッズ・ブルワーズ>9回、2死一塁でナバロの右中間の打球を処理するブルワーズ・青木。本塁への中継プレーは間に合わずサヨナラ負け

ナ・リーグ ブルワーズ1―2レッズ

(9月27日 シンシナティ)
 ブルワーズは痛い逆転サヨナラ負けを喫し、プレーオフ進出が厳しくなった。青木はフル出場も4打数無安打。守備では1―1の9回2死一塁、右中間の打球をワンバウンドで何とか抑えたが、ホームへの中継プレーは間に合わず、サヨナラの走者の生還を許した。

 「フルカウントで走者も走っていたし、ダイブしても捕れないところ。あれが最善かなと思う」と振り返った。残り1枠のワイルドカード争いで、カージナルスとは4ゲーム差。「ちょっとキツイですね」と本音も漏らしたが、残り6試合は全て本拠地。「最後までジタバタ悪あがきしたい」と奇跡を信じての戦いとなる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月29日のニュース