CS進出に小川監督「ホッ!」 上位に大差の現実も…

[ 2012年9月29日 22:23 ]

CS進出を決め、記者に囲まれて引き揚げるヤクルト・小川監督

セ・リーグ ヤクルト0―4中日

(9月29日 神宮)
 ヤクルトが2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。クリンチナンバー1として迎えた、この日の中日戦は0―4の敗戦。それでも4位の広島が阪神に敗れたため、3位が確定した。

 「正直ホッとしている」と小川監督。最低限の目標を達成した指揮官は安堵の表情を浮かべながら「「1、2位にこれだけ離されたのは認めざるを得ない」と、上位との大差がついた現実を直視することも忘れなかった。

 5回4失点で降板したこの日のロマンを含め、CS進出決定までの最近3試合は先発が序盤に失点。館山以外の先発投手が安定感を欠くのも事実。小川監督は「残り7試合、今までと同じ気持ちで戦っていかないと」と気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月29日のニュース