城島 異例の引退試合はファームで「3番・捕手」

[ 2012年9月29日 12:41 ]

 阪神の城島が29日、西宮市の鳴尾浜球場で引退試合となるウエスタン・リーグのオリックス戦に「3番・捕手」で先発出場した。

 城島が捕手として実戦に出場するのは今季初。 公式戦でマスクをかぶるのは、11年6月5日オリックス戦(甲子園)以来となった。

 実績ある城島クラスの選手がファームで引退試合を行なうのは異例。和田監督は29日の広島戦(甲子園)で1軍昇格させ、捕手として引退試合をと打診したが、城島が固辞した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月29日のニュース