イチロー ジーターと目と目で通じ合う しばしの休憩に「これが結構楽」

[ 2012年9月29日 13:27 ]

ブルージェイズ戦の6回、左前に適時打を放つヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース11―4ブルージェイズ

(9月28日 トロント)
 ヤンキースは28日、トロントでブルージェイズと対戦し、「2番・右翼」で出場したイチローは5打数2安打1打点1盗塁だった。

 3打席凡退後の6回、4打席目。技ありの打撃で左前適時打。チームの勝利を決定的にする7点目をイチローがたたき出した。出塁後に二塁走者のジーターと目と目で“会話”を交わし、笑みを浮かべた。「お互い3つを凡退して、4つ目に打ったというのは知っていたから」とイチロー。優勝という目標に向かって、チーム内の雰囲気もいい。

 9回の守備は免除となり、しばしの休憩。「これが結構楽なんですよね」と残り5試合のレギュラーシーズンにいい休養となったようだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月29日のニュース