小久保、2001安打目が口火打「勝ってよかった」

[ 2012年6月28日 06:00 ]

パ・リーグ ソフトバンク4-1オリックス

(6月27日 ヤフーD)
 ソフトバンクの小久保がチーム24イニングぶりの得点の呼び水となる通算2001本目の安打を放った。

 0―1の5回無死で「絶対に出ようと思っていた」と、外角の変化球をうまく中前へ。2死後、明石の逆転2点適時打などで一挙4点を奪った。自身が復帰して3戦目での初勝利に「やっと勝ってよかった。俺が上がってから勝ってなかったから」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース