高木監督大喜び「一番の収穫 井端の打球が飛ぶようになった」

[ 2012年6月28日 07:23 ]

<中・神>お立ち台でファンに応える堂上直(左)と井端とドアラ

セ・リーグ 中日9-4阪神

(6月27日 ナゴヤD)
 中日の貯金は今季最多の14に膨らんだ。

 粘る相手を井端のバットが突き放した。4回2死一塁から中越えに適時二塁打を放つと、6回にも1死一、二塁から再び中越えに二塁打して2者を還した。

 「意外と伸びた。(外野が)前で守ってくれていてラッキー」と素っ気なかったが、高木監督が「一番の収穫。井端の打球が飛ぶようになった」とうなる打球だった。6月は打率1割台半ばと苦しんできたが、5番では今季初の1試合3安打。「インパクトの時に強く振るようにした。当たった後に振る感覚」と意識の変化が復調につながったという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月28日のニュース