初回守備乱れ、致命的4失点…阪神、首位と8差に

[ 2012年6月28日 06:00 ]

セ・リーグ 阪神4-9中日

(6月27日 ナゴヤD)
 阪神は守りのミスが重なり、初回に致命的な4点を失った。無死一、二塁で和田のゴロをさばいた平野は併殺を焦ったのか二塁へ悪送球し、ボールが転々とする間に2点。さらに岩田の暴投で追加点を与えた。

 反撃も及ばず2連敗、中日戦は1分けを挟んで6連敗となった和田監督は「上位相手にこれだけミスが出たら、勝てない」と厳しい口調。首位・中日とのゲーム差は最大の8に開いた。

 ▼阪神・平野(失策が記録された初回の悪送球について)こちらも生活がかかっているので、ちゃんと見てほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月28日のニュース