昨季サイ・ヤング賞右腕 ダル球宴「出場の資格は十分」

[ 2012年6月28日 06:00 ]

タイガース戦の4回、フィルダー(奥)にソロ本塁打を浴びたレンジャーズのダルビッシ
Photo By スポニチ

ア・リーグ レンジャーズ7-5タイガース

(6月26日 アーリントン)
 昨季24勝を挙げてサイ・ヤング賞に輝いたタイガースの右腕、バーランダーが、レンジャーズ・ダルビッシュのオールスター戦出場へ太鼓判を押した。

 ダルビッシュ自身は「フォアボールも1位なので(50四球でリーグワースト)…。(球宴選出に)ふさわしいと思わない」と謙遜するが、サイ・ヤング賞右腕は「10勝だろ?もちろん出場の資格は十分だ。球宴前に2試合の先発も残っている。球宴前に11~12勝する可能性もある」。

 さらに、レンジャーズ・ボールパークは空気が乾燥してボールが飛びやすいことに加え、外野フェンスも左翼から左中間を除き約2・4メートルと低い。このため、昨季も30球場の中で最多の228本塁打が飛び出しており、球場別防御率でも30球場ワーストの5・04。だからこそ、バーランダーは「この球場を本拠地にして防御率が3・50~3・60は凄いことだ。きょうも序盤に制球を乱しても修正できていたし、前回(の対戦)と比べて速球でストライクを取れている。日々成長しているよ」と目を見張る。

 自身も現在8勝で球宴選出が確実視されるだけに、「(球宴の行われる)カンザスシティーの方がもっと暑いよ」と笑った。

 ◆ジャスティン・バーランダー 1983年2月20日、バージニア州生まれの29歳。04年ドラフト1巡目(全体2番目)でタイガース入り。09年に最多勝と最多奪三振の2冠。昨年は最優秀防御率も合わせた3冠とサイ・ヤング賞に輝く。無安打無得点試合を過去2度達成。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース