巨人サイドも中畑監督の関与否定「連絡は全くない」

[ 2012年6月28日 06:00 ]

原監督1億円支払い問題

 巨人は原沢敦球団代表兼GMが代表する形で週刊文春の続報について応対。広島市内のチーム宿舎で原監督から当時の状況を聞き「原監督に確認しましたが、この件について中畑さんから連絡があったり、連絡をしたというのは全くないそうです。それは06年当時から今までもずっとです」と説明し、DeNA・中畑監督の関与は一切認められなかったとした。

 さらに「連絡がなかった方が仲介役を果たせるわけがない。仲介役という認識は原監督もわれわれも持っていない」と続けた。また今回の続報に対し、球団として週刊文春側に新たに行動を起こすかについては明言しなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース