岩隈 メジャー初黒星 痛恨の1球「真っすぐを見せておけば、結果は違った」

[ 2012年6月28日 09:02 ]

アスレチックス戦に登板し、3回2/3を1失点で、大リーグ初黒星を喫したマリナーズ・岩隈

ア・リーグ マリナーズ1―2アスレチックス

(6月27日 シアトル)
 マリナーズの岩隈は27日、シアトルでのアスレチックス戦に2番手として登板した。

 3回2死からマウンドに上がり、3回2/3を1安打1失点。7回に4番セスペデスに左中間へソロ本塁打を浴び、これが決勝点となってメジャー初黒星を喫した。

 痛恨の一発に岩隈は「1球、真っすぐを見せておけば、結果は違ったと思う」とスライダーを続けたことを悔やんだ。

 先発ミルウッドが右脚を痛め、急きょ登板。肩を温めることもできなかったが、「低めを突けて、真っすぐの感じも良かった」と好投しただけに、1球が命取りになったことを大いに反省していた。。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース