春夏連続出場狙う日本文理が本命 対抗は新潟明訓か

[ 2012年6月28日 06:00 ]

 新潟大会は春の県大会を制し、北信越大会でも4強入りした日本文理が春夏連続出場を目指す。

 エースの竹石が復活した新潟明訓が対抗で、北越、中越にもチャンスがある。新潟県央工や村上桜ケ丘の公立勢も戦力は充実しており注目される。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース