青木、同点打も敗戦「1点差で負けるとこたえる」

[ 2012年6月28日 06:00 ]

レッズ戦の8回、同点に追い付く左前適時打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ3-4レッズ

(6月26日 シンシナティ)
 ブルワーズの青木が一時は同点となる適時打を放った。チームはレッズ先発のアローヨの前に、0―3の8回1死まで無安打に抑えられていたが、下位打線が攻略し、1点差に詰め寄った2死二塁の第4打席。前の3打席で打ち取られていたシンカーを左前へ運び、「最後に仕留められたからまだよかった」と振り返った。

 直後には10個目となる盗塁も決めた。ただ、チームは4連敗となり、「1点差で負けるとこたえる。根気強くやるしかない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース