騒動飛び火…中畑監督「元暴力団員を仲介」報道を全面否定

[ 2012年6月28日 06:00 ]

<D・ヤ>試合後、バスに乗り込む際に帽子をとりファンに頭を下げる中畑監督

 巨人・原辰徳監督(53)が女性問題をめぐって男2人に1億円を支払った問題が思わぬ方向に飛び火した。DeNA・中畑清監督(58)が「元暴力団員を仲介した」と、28日発売の週刊文春が報じた。これに対し、中畑監督は同誌が元暴力団員とするK氏が駒大の後輩の父で相談を受けたことは認めたものの、仲介については強く否定した。

 沖縄セルラースタジアムで報道陣に対応した中畑監督は原監督に「仲介した」とされる人物のK氏について「駒大の後輩のお父さん」と説明。DeNA監督に就任するまで同大の野球部OB会の副会長、会長を歴任し、OBやその父母の冠婚葬祭に対応する中で「原監督の話で相談がある」と持ちかけられたという。

 都内で話を聞いて「自分が関与してはまずい」と感じ「双方で話し合ってくださいと話して、私はそこで終わった。それっきり(その件では)会ってもいない」とした。記事にはK氏が原監督に1億円を要求した際、事情を知る関係者の談話として「原監督と中畑監督の間でやりとりがあったようです」とあるが、これについては「一切ない」と金銭の授与への関与を否定。その上で「今は何を言っても、正しい内容を伝えてもらえるという自信がない。これ以上のコメントをさせないで」と話して会見を終えた。

 そして中畑監督から事情を聴いた池田純球団社長が補足する形で説明した。相談を持ちかけたK氏について「反社会的勢力の人という認識は全くなかった」とし「仲介したというのは事実と異なる」と否定。中畑監督の行動について「球団として事実確認をして全く問題ない」とした。

 同社長は「(記事には)1個1個反論するには、事実と異なる部分があまりにも多い」としながら、球団としての対応は必要なしと判断。「もう巻き込まないでほしい」と騒動の早期沈静化を訴えた。

 なお、中畑監督はチーム内に動揺を招かないようヤクルト戦の試合前、選手やスタッフに今回の報道に至る経緯を説明した。

 ▼週刊文春の報道要旨 「原一億円恐喝事件で中畑清DeNA監督が元暴力団員を仲介した」との見出しで、巨人・原監督が女性問題で2人組に1億円を恐喝されたと報じた21日発売号の続報を掲載。元暴力団員K氏は息子が中畑氏と同じ駒沢大学に入学したこともあり親交を深め、原監督を恐喝した06年には中畑氏が原監督の携帯電話の番号を教えたとしている。中畑氏は原監督に「Kさんという人が助けてくれるから、その人の言う通りにしたらどうか」と伝えたなどと報じている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース