球宴に金本、堂林…?高木監督「公平に選んでやらんと」

[ 2012年6月28日 06:00 ]

 中日・高木監督が27日、オールスターゲームの監督推薦選手について、私案を披露。阪神・金本、中日・山本昌、広島・堂林、DeNA・三浦、荒波らの名を挙げ、幅広い年齢層から選出していく方針を示した。

 試合前の指揮官は苦笑いで話した。「3試合あるから投手を多めに入れないといかん。(選出)基準は数字でしょう」。監督推薦選手は7月2日に発表。28日に選手間投票での出場選手が発表されるため、それを待っての本格的な人選となるが「堂林のような今、旬な選手も、頑張っている金本も選んでやらんといかん。公平に選んでやらんといかん」と数字を基準に、各球団のバランスを重視して選出していく構えだ。あくまでも私案の段階だが、70歳の指揮官の頭の中では着々と人選が進んでいる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース