犠打2度ミスで自滅…野村監督「好機つぶしてしまった」

[ 2012年6月28日 06:00 ]

セ・リーグ 広島2-3巨人

(6月27日 マツダ)
 広島は自ら勝機を手放した。不調で2軍調整していた篠田が5月1日の巨人戦(東京ドーム)以来の登板で、前回同様に5回も持たず3失点で降板。攻撃面でも8回に赤松、9回には代打・倉がともに無死一塁から犠打に失敗。あと1点が遠かった。

 これで今季初めて本拠地で巨人に敗れた。相手を上回る10安打を放ちながら2点に終わり、野村監督は「好機をつぶしてしまった」とおかんむりだった。

 ▼広島・篠田(試合後、2軍降格が決定)失点は防げたと思う。悔しい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月28日のニュース