開幕投手の吉見 2回2失点も余裕「現状はこんなもの」

[ 2012年3月21日 06:00 ]

<西・中>力投する中日先発・吉見

オープン戦 中日2-3西武

(3月20日 西武D)
 2年ぶり2度目の開幕投手を務める中日・吉見が先発し、2回を4安打2失点。「勝負球が甘いのかな。現状はこんなもの」と振り返ったが、表情から不安はうかがえなかった。

 次回は24日の楽天戦(ナゴヤドーム)に登板。中5日で30日の広島との開幕戦(ナゴヤドーム)へ向かう。「しっかりと自分の形をつくり、いい気分でオープン戦を終えたい」。高木監督は吉見を開幕投手に選んだ理由を「実績と、ローテーションの柱として1年投げてもらわないといけない投手」とした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース