上原 無失点も不満「めちゃくちゃ甘い球 満足度がなかなかない」

[ 2012年3月21日 09:32 ]

カブス戦で1回を三者凡退に抑えた後、ベンチでコーチ(手前)と投球フォームの確認をするレンジャーズ・上原

オープン戦 レンジャーズ6―2カブス

(3月20日)
 レンジャーズの上原は20日、アリゾナ州メサでのカブスとのオープン戦に2―2の6回に3番手で登板し、1回を無安打無失点だった。

 登板を終えた上原は不機嫌だった。「納得は全くいってない。1人目と2人目はめちゃくちゃ甘い球。自分の中での満足度がなかなかない」と、結果よりも投球内容にこだわった。それでも「(ここまでは)失敗している部分が多い。それを消してシーズンに入っていけばいい」と、残り試合での調整に全力を注ぐことに考えを切り替えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース