岩隈 中継ぎ起用も 安定感欠く投球 指揮官は「24時間の間に決めたい」

[ 2012年3月21日 10:29 ]

レッズ戦の6回から登板し、3回を5安打無失点のマリナーズ・岩隈

オープン戦 マリナーズ8―1レッズ

(3月20日)
 マリナーズの岩隈は20日、アリゾナ州グッドイヤーでのレッズ戦に2番手で登板し、3回を5安打無失点、3三振だった。

 オープン戦4度目の登板で初めて無失点投球の岩隈。しかし、毎回得点圏に走者を背負っうなど、首脳陣を安心させるような投球ではなかった。

 先に投げた招待選手のミルウッドが5回を4安打1失点と好投しており、これまでの内容を比べると岩隈の今後の先発起用が確実というわけではなさそうだ。

 ウェッジ監督は「これから24時間の間に決めたい」とし、初めて岩隈の中継ぎ起用の可能性を示唆した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース