37歳黒田 現役復帰の39歳に刺激を受ける「まだまだ投げられますね」

[ 2012年3月21日 09:26 ]

 ヤンキースの黒田が23日のフィリーズ戦登板に向け、ブルペン入りし、36球を投げた。

 「課題を持ち36球の中で工夫しながら投げている」と話し、後半はロスチャイルド投手コーチと腕の振りを確認しながらカットボールを投げ込んだ。

 黒田の隣では現役復帰を決めてこの日からチームに合流したペティットも投球練習を行った。「まだまだ投げられますね。39歳であそこまで投げられる。いい刺激になった」と37歳の右腕にとって最高の発奮材料になったようだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース