嶋 DHで移籍後初安打「スタメンの喜びをかみしめて」

[ 2012年3月21日 06:00 ]

<西・中>2回2死三塁、上本の中前打で生還し、ナインに迎えられる西武・嶋

オープン戦 西武3-2中日

(3月20日 西武D)
 広島からトレードで加入した西武の嶋が移籍後初安打を放った。2回無死一塁で右翼線二塁打。チャンスを広げ、その後の2得点につなげた。

 「早く結果を出して西武の一員になりたいと思っていた。僕の仕事は後ろにつなげることなので、いい形で打つことができた」。7回には先頭で中前打。「5番・DH」の起用に応え「ここ最近は代打での出場だったので、スタメンで出る喜びをかみしめています。開幕スタメンを凄く意識しています」と充実感を漂わせた。04年のセ・リーグ首位打者が、30日の日本ハム戦(札幌ドーム)で開幕投手の斎藤を攻略する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース