大暴れから一夜明け 青木 代打で凡退「難しい これも経験ですね」

[ 2012年3月21日 09:09 ]

オープン戦 ブルワーズ6―7ドジャース

(3月20日)
 ブルワーズの青木は20日、アリゾナ州グレンデールでのドジャース戦の7回に代打で出場し、遊ゴロだった。

 前日19日のレンジャーズ戦ではダルビッシュから適時打を放つなど、3安打3打点と大暴れした青木だがこの日はベンチスタート。ヤクルト時代の09年以来、代打の経験がなく「代打は難しい。集中して打席に立とうと思ったが…。1打席でも(安打を)1本出しておきたかった」と、シーズン中に予想される起用法で結果が出ず浮かない表情。

 レネキー監督は打席での粘り強さから「代打でも適性がある」とみている。働き場所をみつけるためにも、「これも経験ですね」と気を取り直していた。。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース