浦和学院 監督の期待通り完投 佐藤「ずっと甲子園で校歌が歌いたかった」

[ 2012年3月21日 16:03 ]

敦賀気比―浦和学院 先発し力投する浦和学院・佐藤

第84回選抜高校野球第1日第2試合 1回戦 浦和学院10―2敦賀気比

(3月21日 甲子園)
 甲子園で8年ぶりとなる勝利をもたらした浦和学院。先発の佐藤の表情は晴れ晴れとしていた。

 「ずっと甲子園で校歌が歌いたかったので嬉しい」。昨春は鹿児島実に逆転で敗れる苦杯をなめた。その悔しさをバネに今大会に挑んだ。

 森監督も「佐藤一人で行きたかった」とエースの完投は思い描いた通り。「一戦一戦、甲子園で戦ってチームが波に乗って強くなってくれることを信じる」と2回戦で当たる三重に対して闘志を燃やした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月21日のニュース