特待生制度で疑問…私立中高連合会 高野連に意見書

[ 2012年2月3日 06:00 ]

 日本私立中学高等学校連合会は2日、高校野球の特待生制度に対する意見書を日本高野連に提出したと発表した。

 高野連が昨年5月に決めた「各学年5人以内」などの同制度実施のために、募集要項の記載内容について一定の要件を順守するよう求めたり、追跡調査をしたりすることに違和感を覚え、私学の経営権への干渉になる場合もあり得るとしている。同連合会の福島康志事務局長は「法律じゃないんだから、ちょっとやりすぎではないのか」と疑問を投げかけた。日本高野連の山口雅生事務局長は「きょうの段階では何とも言えない」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月3日のニュース