強風と寒さ…G野手陣 帽子拾いに追われる場面も

[ 2012年2月3日 06:00 ]

強風で飛ばされた帽子を追う大田(手前は原監督)

 強風と寒さで、巨人のほとんどの練習が屋外から木の花ドーム内に変更された。

 宮崎市は正午でも気温5度止まりで、午前10時にこの日の最大瞬間風速19・6メートルを記録。屋外では守備練習だけ行い「全国的に大変な寒波になっているということでね。幸いこの大きな室内があるから」と原監督。ノックの間も大田や市川が帽子を強風で飛ばされ、球拾いならぬ帽子拾いに追われる場面もあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年2月3日のニュース