セ・リーグが予告先発導入を検討 一部球団は前向き

[ 2012年2月3日 19:17 ]

 プロ野球のセ・リーグが観客増を目的に今季から、投手の予告先発の導入を検討していることが3日、分かった。複数のリーグ関係者が明らかにした。現在は球団ごとに意見をまとめている段階だが、既に一部の球団は前向きな姿勢を示している。3月1日の理事会で話し合われる見込み。

 セの理事長を務める中日の佐藤良平球団代表は「今季から導入する可能性は否定できない。(導入するなら)3月1日の理事会で決めないといけない。(意見を)集約して反対が多いようなら難しい」と話した。

 予告先発はパ・リーグが1983年に開幕戦で導入し、94年からは全試合(2005年からの交流戦は除く)で採用している。セ・リーグによると、セでも94年に毎週日曜日と両者が同意した巨人と広島の試合で実施されたことがあるという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月3日のニュース