松井稼 栄光のバットと重心落としで原点回帰!

[ 2012年2月3日 06:00 ]

西武時代のフォームに戻してバッティングをする楽天・松井稼

 94~03年に西武で活躍した楽天・松井稼が、原点回帰の「西武スタイル」で今季に挑む。

 01年に通算1000本安打を達成したバットをベースとした新型をメーカーに発注。長さ33・5インチ(約85センチ)、重さ890グラム前後で、史上4位のスピード達成を飾った栄光のバットを試すことになった。

 さらに重心を落とし気味にしたフォーム改造にも着手。マスコットバットを使ったフリー打撃で西武時代をほうふつさせるフォームを試運転した。「まだ屋外でやってから2日目。まだこれから」と意欲を燃やした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月3日のニュース