球児 前倒しの初ブルペン「単なるトレーニング」

[ 2012年2月3日 19:20 ]

初めてブルペンに入った阪神・藤川

 阪神・藤川が予定を前倒しし、初のブルペン入り。捕手を座らせて18球を投げ込んだ。

 その前には野手の練習をこなしただけに「いろいろな動きをして下半身が疲れていたので(体をほぐす)単なるトレーニングとして投げた」と意図を説明。「次が本当のブルペン」と言った。

 山口投手コーチは「まだ入るとは思わなかったが、元気だし、順調でしょう」と全幅の信頼を置いていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月3日のニュース