唯一の新人野手1軍 比屋根 第1クールは「気持ちが弱かった」

[ 2012年2月3日 17:47 ]

 ヤクルトの新人野手で唯一、1軍に参加する比屋根が、全体練習後に特守を受けた。飯田外野守備走塁コーチのノックするボールを追って、走り回った。

 沖縄県出身で、日本製紙石巻からドラフト3位で入団。初めてのキャンプは「自分のできることができなかった。気持ちが弱かった」と緊張感いっぱいで始まった。第2クールからは積極性を前面に出し、生き残りへアピールするつもりだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月3日のニュース