松井稼「重い番号」に自覚 右打席の改良に必死

[ 2012年2月3日 07:18 ]

西武時代のフォームに戻してバッティングをする楽天・松井稼

 楽天・松井稼の今季の背番号は、昨季まで在籍した中日・山崎が付けた「7」に変更。西武時代にも石毛宏典氏を引き継いで背負った思い入れのある番号だ。

 「重い番号だし、ミスター・イーグルスですから」とリーダーとしての自覚を強め、アーリーワーク参加の打診も快諾。同じ西武に在籍した大久保打撃コーチの指導を受け、昨季打率・249に終わった右打席の改良に取り組む。

 「僕はセンターから右方向へ打つ打者。それが昨季はセンターから左方向が多かった。見つめ直しながらしっかりやっていきたい」と原点回帰を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年2月3日のニュース