元南海スカウト伊藤四郎氏死去

[ 2011年5月31日 19:37 ]

 元プロ野球選手で南海のスカウトも務めた伊藤四郎氏(いとう・しろう)が5月30日午後4時12分、大動脈りゅう破裂のため旅行先で死去した。78歳だった。三重県出身。葬儀・告別式は1日午前11時から四日市市大井手3の1の1、三重祭典四日市で。喪主は長男豪彦(ひでひこ)氏。

 三重・四日市商高から51年に捕手として名古屋(現中日)入団。投手に転向し、近鉄(現オリックス)、南海(現ソフトバンク)などでプレー。61年に引退後は南海でスカウトを務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース