早大屈辱5位終戦…土生主将「情けない」

[ 2011年5月31日 06:00 ]

東京六大学野球最終週最終日 早大3-4慶大

(5月30日 神宮)
 早大は屈辱の5位でシーズン終了。ライバルの胴上げをベンチから静かに見守った岡村猛監督は「早稲田の意地を見せられないまま終わってしまった。打線が機能しなかったのが誤算だった」と話した。

 ドラフト候補ながら、今季は打率1割台と不振を極めた主将の土生は1点差の9回2死三塁の好機で3球三振。慶大・伊藤とは対照的だったシーズンに「みんなの期待に応えられなくて情けない」と絞り出すような声で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース