寺原、古巣と初対戦…交換要員・山本と投げ合い

[ 2011年5月31日 06:00 ]

古巣・横浜戦を前に、キャッチボールで調整する寺原

 オリックス・寺原隼人投手(27)が31日の横浜戦(京セラドーム)に先発を予定している。古巣との初対戦で、しかも相手の先発予想は昨年12月に2対2の交換トレードで寺原の代わりに移籍した山本。注目の対決となるが、右腕は平常心を強調した。

 「別に誰が投げようとも関係ない。相手の投手と対戦するわけじゃないんでね。(古巣でも)意識は全くないです」

 今季の3勝はすべて完投で、うち2勝は完封とチームを支えている。山本も開幕投手を務めるなど新天地で奮闘。ともに最下位に沈んでいるだけに、この2連戦を浮上のきっかけにしたいところだ。「丁寧に投げることを意識したい。(横浜は)長距離打者が多いイメージ。まずは先制点を与えないようにしたい」

 チームは横浜に08年から10連勝中と相性は抜群。古巣相手の熱投で6月反攻へ弾みを付ける。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース